興学社学園とは

『協育』こそ、教育の原点

共に学び、共に成長する
これが興学社学園の『協育』理念

  • 学園長池田 晃

  • 池田 晃

私たちの唱える『協育』の協とは、三つの力、即ち「教育者」と「保護者」と「本人」の力を意味し、この各々の力がプラスして見事に結集したとき、初めて真の教育目標が結実していくと考える。ただ一方的に学習を強制しても何ら成果の上がらないことは、私たちのよく経験するところである。だからこそ、(1)教育者の熱意と(2)保護者の愛情、そして(3)本人の向上心を一つの方向に結集してこそ「潜在能力を最大限に引き出す」ことが可能となるのである。この意味をもって、私たちは 『協育』こそ「教育」の原点であると訴え続けている。

私たち興学社学園は、昭和58年の創業以来、民間教育の使命を果たすべく講師全員が一丸となって邁進してきた。どの学年でスタートしようとも、またどんな成績でスタートしようとも、私たちは子供たち一人ひとりに独自の目標を持たせ、その目標を達成しようとするための努力の大切さを指導し、また激励している。

「教育は人づくり」という言葉に表されるように、教育によって、人は人として豊かな心を持ち、より幸福な人生を勝ち取ることができると信じている。そこで、「人づ くり」を預かる私たち講師全員も常に自分を高めるため研鑽努力を重ねている。まさに、「共に学び、共に成長する」という興学社学園の『協育』理念である。この小さな『協育』の積み重ねが、我が国の未来を担う子供たちに明るい光を照らすに違いない。そして、私たちの手作りの厳愛特訓が『協育』理念の下、大きく実を結ぼうとしていることを確信している。

In this "Interactive Education" the participants are educators, parents and students. When all three participants come together and agree on educational strategies, we believe our goal of education will be achieved.

It is needless to say that education that simply forces students to study is not effective. Therefore, the educator's enthusiasm, the love from parents and the student's desire to progress, must interact in order to give rise to the child's full potential. In our teaching field, children set their own goals. Educators, with the support of parents, lead and encourage them. This is why we assert that this interaction is the basis of education.

Since Kohgakusha Academy was founded in 1983, all of our instructors, as a body, have been advancing in our mission as private educators. Regardless of the students’ past record or grade level at which they start, we support their individual goals as well as lead and encourage them to achieve those goals through their own efforts.

We believe that through education it is possible to obtain a happier more fulfilling life and a kinder more gentle heart. Accordingly, this belief is represented in the phrase “Education is building people”. All of us as teachers, being charged with the task of “building people,” must continually make efforts to study to improve ourselves. Therefore, Kohgakusha Academy’s idea of Interactive Education is “Study together, grow together.” The cumulative effect of “Interactive Education” is to shine a light on the young who are our country’s future. Our brand of warm, yet, intensive instruction is the basis of “Interactive Education” and we are confident that it bears results.

President

髙野典英

全ては生徒の為に

第一統括本部髙野典英

私たちの役割は生徒に「知識」をわかりやすく教え、わかるように、できるようになる喜びを感じてもらうことです。また、社会で必要な「生きる力」を身に付けさせるために挨拶の指導なども欠かすことはできません。「知識」と「生きる力」の双方を生徒に身に付けさせるために私たちは日々奮闘しています。「全ては生徒の為に」、私たちは全力で教育にあたります。一人ひとりの生徒をよく観察し、その個性に合った教育を実践し続けます。そして、生徒の「人生の応援団」であり続けるために私たち自身が学び続け、成長し続けます。熱意あふれる指導と成果にこだわり、私たちはこれからも生徒と共に成長を続けます。これが興学社学園の歴史であり、文化です。そして、これからもさらなる進化を続け、より多くの生徒の人生に関わり続け、生徒の「夢」を応援し続けます。

無限の可能性を信じて

関西事業本部池田陽一

どんな子供にも無限の可能性があります。どんな大人も成長し続けることができます。その可能性をいかに引き出していくのか。それこそが教育の本来の姿です。興学社学園では、長年にわたって人の可能性を追求してきました。その実践と研究の中で、幼児教室、英会話スクール、小・中・高・大学受験、技能連携校、放課後等デイサービス、パソコンスクール、職業訓練と、年齢に応じ、幅広い分野において生徒をバックアップする体制を築くことができました。グローバル化・IT化が進み、将来の予測が難しい今こそ、21世紀にふさわしいスキルと価値観を持った人財が必要とされています。自己と他者を信じ、未来への明るい希望と確かなビジョンを抱ける人財を育成する使命があります。生徒に必要な「生きる力」を与え続けられるような最高の環境作りと、それに携わる最高の講師陣を揃えていきます。

興学社学園十訓

情熱あふれる講師が語る“ 私と興学社学園”

夢・実現のために完全燃焼

  • 真の国際人を育てたい

    英会話スクール部門高田 純恵

    「私にとってこの仕事は天職だ」-この気持ちは英語講師になったときからずっと変わっていません。これからの時代、英語力は必要不可欠です。 国際化社会の中、英語はコミュニケーションの手段として最も有用な言語となり、英語力の有無が子供たちの人生を左右する時代になりました。英語を身に付けるに当たって大事な時期の子供たちと触れ合い「、英語を教える」ことができることを本当に嬉しく思い、自分が英語講師であることに誇りを持っています。一人でも多くの子供たちを「真の国際人」として育てていくため、また世界中の人たちとコミュニケートできる喜びを与えるために私たちプリンス英米学院は走り続けます。
  • 子供たちの笑顔を輝かせるために

    幼児教室部門神崎 幸子

    人生の中で最も大切な人格形成の時期、それが幼児期・児童期です。この時期の体験が「心」を育みます。そんな大切な時期の教育に携わることのできる幸せに、心から感謝しています。「見る・聞く・読む・書く・話す」5つの力を付けて子供たちの思考力を育むプリンスジュニア。この教育に大きな使命感を感じています。子供たちの「できた!わかった!」の瞬間、そして子供たちの笑顔が私にとって何よりのご褒美です。元気をくれます。大切な時期の「先生」として子供たちの良き手本となるため、頑張る親子の人生を応援するため、精一杯努力し向上し続けていきます。
  • 「教育」という仕事に出会えたことに感謝

    小中学生学習塾部門中嶋 清太郎

    興学社学園塾部門の講師となって10数年。何の躊躇もなく「教育」の道 を選びましたが、今も気持ちは昔のままです。子供たちと接することの楽 しさ、子供たちからもらう感動、何年歳を重ねても飽きることはありませ ん。「教育」という天職に出会えたこと、学園生一人ひとり、そして学園を巣立っていった生徒に感謝しています。子供たちの人生の選択に立ち会い、 共に成長できる喜びをこれからも感じ続け、できることなら彼らとずっと 付き合っていきたいと考えています。だからこそ、これから興学社学園を さらに発展させ、幼児から大人になっても一生付き合っていける生涯教育 機関を完成させることが私の夢です。
  • 英会話革命を興学社学園から

    幼稚園・保育園英会話レッスン開講部門村川 長寿

    日本の英会話教育を変えたい。これは革命だ!-スタッフの意識は一致しています。将来どれだけの教え子が、「英語力」という力強い武器を持って世界へ羽ばたいていくのかを考えるだけでワクワクします。教育こそが、将来の我が国を創造できるプロダクティヴな仕事だと考えています。近い将来、人の往来がさらに活発になり、海外だけでなく日本国内においても英語はより身近な言語になります。英語力が社会で生きるための必須条件となる日がすぐそこに迫っているのです。私は、英語力がもたらす大きな可能性を信じ、来るべき国際化社会に向けて興学社学園から「英会話革命」を進めていきたいと思います。