オリジナル教材
オリジナル教材

笑顔で楽しく学べる!
プリンスジュニアのオリジナル教材

見て聞いて触って感じることによって子どもたちは概念を育んでいきます。子どもの発達に合わせて必要な教材を必要な時期に使用します。幼小一貫教育の系統性を持ち、子どもたちの好奇心を伸ばす教材です。やりとりと対話を生みだす教材をそろえています。

幼児コース:0-3歳

  • 刺激型 フラッシュカード
    幼児教育で広く扱われている刺激型のフラッシュカードは、情報のインプットに主眼を置き、柔軟な幼児の脳を刺激します。記憶させることは意識せず、正しい発声・発音・表記で、感覚的言語中枢に働き掛けます。刺激型 フラッシュカード
  • ひも通し
    ひもに色や形の違う玉などを通す教具です。0~3歳は目と手の協応動作を育てることが大切な時期です。小さな穴に通すことで集中力や忍耐力も養われます。また色の弁別や系列の学習にもつなげていきます。ひも通し
  • ∞パズル
    手触りの良いソフトな素材でできた形パズルです。赤青黄の3色と○△□だけではなく1/2・1/4の大きさの形まで用意しています。並べたり重ねたりするだけではなく、大きさや長さの感覚遊びの他、比較や自由制作など無限の可能性が広がる∞パズルです。∞パズル
  • 幾何ペグボード
    赤・青・黄・緑4色16本の大きさ、形、色の異なる木のペグを分類したり、数えたり、ボードに差し込んだりして立体図形を学びます。親指と人差し指で、つまんだり差し込む動作を繰り返して手の操作性を育てます。幾何ペグボード
  • 手作り教材
    手作りの教材で、子どもたちとやり取りを楽しむ取り組みを入れています。お話しをする前でも、歌を歌ったり動作を通して対話をしコミュニケーション能力の基礎を育てます。手作り教材

幼児コース:4-6歳

  • 復唱型 フラッシュカード
    インプットとアウトプットを同時に行う、プリンスジュニアが開発したオリジナルカードです。言葉は、実際に声に出さなければ認識できません。お子様が声を出して復唱することで、文字と発声をシンクロさせ、運動的言語中枢の発達を促します。復唱型 フラッシュカード
  • 日本地理カード
    都道府県の形を個性豊かな動物のイラストで楽しく覚えます。「しがらき たぬきは しがけん」など愉快なセリフでリズミカルに学習します。日本地理カード
  • タイル
    数の学習は量感から。1から10までの数がわかること。そこから数の世界はどんどん広がります。具体物と数字との仲立ちをしてくれる教材としてタイルを使います。タイルを手で動かして数の合成・分解、足し算、引き算を学習します。タイル
  • カラーキューブ
    赤・青・黄・緑の4色積み木です。プリンスジュニアオリジナルのパターン図もご用意しました。パターン図を見て平面図形から立体図形を作成したり、積み上げたりしながら図形の構成を学びます。色の指示や置き換えなどを通して複数の指示を理解します。カラーキューブ
  • Eプリント
    「文字、数、知覚」の分野別に、小学校に入学するまでに身に付けてほしい基礎的な内容から、発展的な内容までを網羅しています。内容は1カ月ごとに分けられていますので(全12カ月分)、毎日進めていくうちに学習習慣の確立をします。Eプリント

小学生コース

  • 指導型 フラッシュカード
    これまでの感覚の刺激、復唱を経て、さらに学習効果を最大限に引き出すための発展的な指導型カードです。分数カード、単位換算カード、文法カードなどを使用し、単に見る、声に出すだけでなく「考えてから声に出して答える」というもので、高い学習効果が得られます。指導型 フラッシュカード
  • エリート教室
    小学生向け教材として屈指のレベルの高さと密度を誇る『エリート教室』を導入しています。国語と算数の2教科について、一つの学習範囲(1学年分)を6ルームに分けて編集した進級式のテキストです。エリート教室
  • 実験
    毎月理科実験がレッスンに入っています。身近なものを使った実験を通して身の回りの科学現象を体感します。実験の前には必ず自分なりの予想を立てます。考える力を育てるためには段取りをすることや様々に工夫することも大切です。実験
  • マスキューブ
    量の感覚教育で使用します。ℓや㎝³などの量の体感をはじめとする「かさ」の学習はもとより、1が1000個集まったら?平面に展開するだけでなくキューブの集合体として1000を視覚だけでなく触覚も通して立方数の概念を体感しながら学習することができる教材です。マスキューブ
  • 日本には四季があります。今では一年中出回っている食材が多いのですが、本来の旬を知ることにより自然への感謝の気持ちを育てます。四季の営みの中で旬のものをいただくということの意味を学び、身土不二など食育につなげています。旬